先行募集は終了いたしました。一般募集は9月9日(火)よりスタートいたします


んにちは、遠藤晃顧客教育研究所(株)の遠藤晃です。
チームNo.1という士業・コンサルタントが600人集まるコミュニティの代表を務めています。
       
遠藤晃顧客教育研究所(株) 代表取締役
チームNo.1 代表
士業やコンサル型ビジネスなど、顧問契約や高額商品を扱う個人や企業をニッチな分野のNo.1に育成するコンサルタント。
見込み顧客への「教育」を通じて売り手の「ハイポジション・ハイプライス」を構築し高確率で顧客化する【エデュケーショナルセールス】の提唱者。

コンサルタントとして独立以前は、フルコミッションの営業の世界で、年間70日以上もの顧客獲得型セミナーを行い続け、3つの生命保険会社において部門別契約件数で全国No.1 の実績を持つ。
元々は年間800人の小中学生を教える人気塾講師でもあり、「人を惹き付け行動させるプレゼンスキル」と「コスト0円で毎回セミナーを満席にする集客方法」に独自なノウハウを持つ。

現在は、士業・コンサル型ビジネスを行う方々を対象に、「自分もNo.1 になり、人もNo.1にする」ことを理念に、自立型人財を育成するチームNo.1 を主宰し、年商300 億企業の経営者・ベストセラー著者・ニッチな分野のNo.1 コンサルタントや士業などなどNo.1 育成工場としてメンバーは600 人を超え、断トツの成果を輩出し続けている。
今回「No.1 コミュニティスター養成塾」という4カ月間の講座を「億越えコミュニティ」を8連続成功させたヒットメーカー北野哲正さんとタッグを組んで開催することになりました。

この講座では、僕のチームNo.1という士業・コンサルタントのコミュニティをたった9人から始めて、広告費やソーシャルメディアもほとんど使わず、メンバーからの口コミや紹介メインで3年過ぎたら600人を超える規模に成長させた、メンバー同士が情熱と主体性を持って会を運営発展させる「自走するコミュニティ」構築法と、

現在「コンサルタントラボラトリー」という500名近くの会員制コミュニティを持ち、さらに、それぞれ300名近くもの会員を有する『一般社団法人日本マーケティングコーチ協会』や『一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会』という2つの協会を運営するなど、「億越えコミュニティ」を8連続成功させたヒットメーカー北野さんが、売れる企画と収益モデルと集客の発想を全て惜しみなく公開します。

ず重要なことですが、士業・コンサルタント・コーチ・セラピストなどの年収は、どのようなビジネスモデルを採用するかで、自ずと年収の上限が決まってしまいます。

そして、ビジネスモデルさえ間違わなければ、誰でも年商3,000万円は可能だし、むしろ3,000万円は通過点にしか過ぎず、あなた1人と秘書1人で年商1億円の大台を超えることも十分可能です。

しかし、多くの人は、この年商3,000万円のステージに上がれないだけでなく、年商1,000万円の壁さえも越えられずに苦しんでいるのです。

では、この3,000万円のステージに上がれる人と1,000万円の壁すら越えられない人、その違いは一体どこにあるのでしょう?

その答えは明確です。

3,000万円のステージに上がれる人の共通点、それは、自分のビジネスの中に、コミュニティモデルがあるのです。

ぜ、コミュニティモデルを取り入れた人が3,000万円のステージに上がれるか、その理由は後述しますが、まずはその前に、実際に僕が構築したメソッドを学び、実践してくれている「チームNo.1」のメンバーから続々報告される“常識外”の成功事例を知って下さい。
                                           
整体院経営 宮崎県 野村忠司さん
施術治療のスクールを創るにあたり、どのようにすればよいか分からない状態で遠藤先生のノウハウを学ばせて頂きました。
成果は2年半で160万以上のスクールに全国から100人以上の人数になりました。

今では各地区の先生方が勉強会を開いて勉強し合ったりして自走してます。
集客コンサルタント 東京都 五十嵐さん
遠藤先生のコミュニティ構築の手法を超参考にして、Web集客のノウハウを通じて先生をブランディングする志師塾を展開したところ、3年で200名超の仲間が集まってくれました。

遠藤先生に教えの通り、コミュニティのビジョンと行動指針を明確にした結果、塾生の成果が続発し、嬉しいことに、コミュニティの仲間が成果報告を日々送ってくれています。

僕が創りたかった自走型のコミュニティがジワジワっとできてきました。
税理士 大分県 佐藤信彦さん
現在3つのコミュニティを持っており、一番最初のコミュニティは5人でした。
今は3つで50人ほどになっています。
不定期に飲み会を開いたり、不定期に少人数の有料のセミナーを開いたり、メンバーと台湾へ海外視察ツアーに行ったりしています。

今後はこのコミュニティを軸にビジネスを考えています。
薬膳料理家 東京 阪口珠未さん
14年4月に、コミュニティとして、「薬膳セラピスト」資格の認定を行い、薬膳セラピスト協会を作りました。
薬膳セラピストの1期生は23人です。

遠藤先生に教わり、最も大きな成果は、「セルフイメージの変化」です。
今までの、アーチストとしてのセルフイメージから、「日本で薬膳という文化をつくるリーダー」というところまでセルフイメージを広げることができました。

コミュニティを持つことで、私自身は、社会貢献に関わるプロジェクトなど、今までよりも大きな視野で活動する人たちと仕事ができるようになってきています。
FP 千葉県 久保田正広さん
150名のコミュニティ「FP養成塾」を運営しています。

高額な受講料にもかかわらず、全国から参加頂いています。
今まで10期の卒業生を輩出してきましたが、コミュニティを持つことで、金融機関とのジョイントが可能になり、今では一切のコストをかけずに集客ができています。
整体院ネット集客コンサルタント 神奈川県 吉田 正一さん
今まで1回もセミナーなどやったことがない素人でしたが、現在は年間30回のセミナー・各種講座を開催するまでになりました。
主宰する【治療家セラピスト起業経営養成塾】は30万円と高額にもかかわらず5期生まで開催しています。

遠藤先生から一人ではできないこともメンバーの力を借りれば数倍の力を出すことができるコミュニティの力を教わりました。
自分の主宰する養成塾でもこの相互支援を大切にして活動しています。
会社員 大阪 井上保さん
企業サラリーマンで営業職の私ですが、遠藤先生に教えを頂き「塾ビジネス」をスタートさせました。

サラリーマンが経営者を教える世にも珍しい「塾」をスタートさせましたが、半年で塾生が30名を超え、 なんと1年後には東証一部上場企業から「たもつ塾を是非受講したい」とオファーを頂きました。
経営コンサルタント 姫路 北川哲平さん
2014年3月から姫路で経営塾をスタートして、現在50名ほどの塾生が集まりました。

遠藤先生のコミュニティ運営を取り入れ、自立型のコミュニティ形成、理念、ビジョンに共感できるメンバーを集め、主催者ではなく、コミュニティに価値を持たせることを実践しています。

そのメンバーの方々と関わる時間が増えることで、成長の加速度と感動すら共有できることを実感しました。
東京 横川裕之さん
「日本一のランチ会」を全国17都道府県で、133回開催できました。

今では、全国から開催希望の声がかかり、現地の開催者が集客も協力してくれます。
今では、ランチ会で僕を知ってくれた方が、文字化力強化合宿に参加するという収益モデルも構築できました。
税理士 京都府 鈴木浩文さん
集客は保険会社のMRと受講生の紹介が主体で、累計190名程度が受講してくれています。

現在16期目が大阪で行われています。
今後は、紹介の仕組みと課金の方法をさらに改善していきます。
建築士 東京都 田村誠邦さん
建築・不動産の士業、営業マン向けの養成塾「クライアント・アドバイザー養成塾ノウハウ編」第1期生を募集し、33名の方に集まってもらえました。

こうした成果を得ることができたのも、遠藤先生のストーリーテリングを学んだからです。

人を動かすことはできませんが、人は自ら動いてしまうということを、ストーリを語ることで実感できました。

今後は、遠藤先生の教えを実践し、自走するコミュニティをしっかりと築いていきたいと思っております。
このように、コミュニティモデルを取り入れてビジネスを加速させるという話は、僕だけのものではありませんし、これらはチームNo.1のメンバーから報告される成果のうちのほんの一部に過ぎないのです。

ミュニティモデルとは、1対1の個別応対ではなく、1対多の複数応対ができる「仕組み」や「場」のことです。
実は、士業・コンサルタント・コーチ・セラピストなどの年商の差は、決して能力の差が決定的な差ではないのです。

能力がどんなに高かったとしても、1対1の個別応対しかできない人は、年商の上限は、自分の労働時間と顧客1人当たりの単価で決まってしまいます。

年商を上げようと思えば自分の労働時間を増やすか単価を上げるしかないのです。
もちろん顧客の数を増やすというのも正解ですが、1日は24時間しかないわけで、24時間以上労働時間は増やせませんから、故にそれ以上働くほどの顧客を獲得することもできないのです。

だから、どんなに能力が高かったとしても、1対1の個別応対しかできない人は、年商の上限は、自分の労働時間と顧客1人当たりの単価で決まってしまいます。

ただし単価は顧客が納得してくれれば理論的には上限は無制限ですから、単価が年商を既成しませんので、結論としては、1対1の個別応対しかできない人は、どんなに能力があったとしても、「時間の制約」の壁を乗り越えることができないのです。

一方、能力は平凡でありながらも、高い能力を持つ人を上回る顧客数や年収を得ている人がいるのも事実です。
そんな逆転劇を見せてくれる人に共通しているのが、「時間の制約」の壁を突き崩した人なんですね。

つまり、1対多の複数応対を実践している人なんです。

コミュニティモデルとは、1対1の個別応対ではなく、1対多の複数応対ができる「仕組み」や「場」のことですから、例えば、直接的に大きな収益が上がる「仕組み」なら、会員制ビジネス、塾ビジネス、講座ビジネス、協会ビジネス、グループコンサルティングなどがそれに当たるし、一方、それ自体では大きな収益は上がりませんが、人が集まることで、新たな価値が生み出されたり、主催者への信頼が強まることで、後天的に大きな利益に結び付く「場」を用意している人もいます。
例えば、朝会やランチ会や異業種交流会やファンクラブなどがそれに当ります。

んな業界でもあることですが、成功する人と今一歩という結果に終わる人、元々の能力はさほど変わらないのに、 成果に大きな差がつく場合があります。

つまり、「違いをもたらす違い」は何かということです。

特に士業・コンサルタント・コーチ・セラピストなどの自分自身が商品になるようなビジネスなら、その「違い」は明確です。

その「違い」とは、まさにコミュニティを持つか持たないかだと言っても過言ではありません。
コミュニティを持つ者と持たざる者、その間には「雲泥の差」が存在していまいます。

売上や集客といったビジネス的なメリットはもちろん、出版や業界での位置づけ、信用力や人脈など、ビジネスだけでなく、プライベートにまでその影響は計りしれません。

例えば、
僕がセミナー開催したり、新たな企画をスタートさせる時でも、集客は既存のメンバーですぐに満席になります。

必死で新規のお客さんにセールスしないで済むので、精神的に安定しています。

もう既に信頼関係が築けているので集客がどんどん楽になっていくのを感じています。
実際に僕の養成塾には、今では半数がメンバーからの紹介での参加です。

また、何かプロモーションを行ったり、イベント、セミナーを行う際は、コミュニティのメンバーが嬉しいことに積極的に集客してくれます。

自分のコミュニティに愛着があると、メンバーが情熱と主体性を持って関わってくれます。

実際にチームNo.1では、毎年300名規模の公開セミナーを企画していますけど、メンバーの力で集客できています。
しかもアフィリエイト報酬は一切ありません。
コミュニティは代表の僕だけが、価値を提供しているわけではありません。

コミュティメンバーのコンテンツが結集すればものすごいことになります。

さらに、コミュニティの人脈を使えば、かなりのこと、極端に言えば「出来ないことはない!」というぐらいのリソース(資源)が手に入ります。

例えば、先日の大阪で開催したチームNo.1 のイベントには、

・三浦雄一郎さんが特別価格で講演を引き受けてくれた。
・大阪市長の橋下徹さんから祝電が届いた。
・元阪神タイガース「アニキ」金本選手から祝電が届いた。

など、
これらは全部、コミュニティの人脈がなせる業ですよ。

政治家や著名人、マスコミ関係とつながることも可能です。
コミュニティそのものに価値があるので、コラボやジョイントの話が頻繁にきます。

「あのチームNo.1 の遠藤先生ですか?今度、一緒に組んで何かやりませんか?」・・・そんなお誘いが本当に増えています。

だから、チームNo.1では、

・ダイヤモンド社と著者発掘出版デビュープロジェクト
・三井住友海上グループ(MSA)と新規開拓プロジェクト

など、
業界No.1 ブランドとジョイントでき、メンバーの成果に貢献できるのです。

僕としてはコミュニティメンバーのメリットになるものだけを厳選して選んでいけるので、かなりの余裕でハイポジションで対応することができます。
仕事とかプライベートとか関係なくコミュニティが人生を豊かにしてくれています。

公私の境はどんどんなくなっていき、多くの人と幸せを共有できます。

仕事でもプライベートでも、課題や問題は、コミュニティのメンバーで解決できます。

メンバーに貢献することで、僕が一番成長しているのかもしれませんし、結局、僕が一番助けられているのかもしれません。

他にもコミュニティのメリット、恩恵を挙げると切りがないのですが、やっぱり、
ただし、誤解しないでほしいのですが、やっぱりチームNo.1のメンバーも僕も、最初から成果を生み出せていたのかというと、事実は全く違います。

特に、僕自身に関して言えば、ほんの10年前までは今のような成果とは真逆の人生を送っていたのです・・・。

とえば、僕自身の話をします。

僕はFP時代には年間70回ほどのセミナーを実施して多くの顧客を獲得し、保険商品の販売で全国No.1に輝く部門が3つもありました。

周囲の営業マンが集客で困る中、僕はセミナーに見込み客を集め続けられたんです。

その理由は、1つは異業種提携を結んだこと、そして、もう1つの重要な理由は、既存顧客をコミュニティ化して、そこから紹介や口コミが起こる仕組みを作ったからなんです。

ですが、始めは全く売れない営業マンでした。

今からおよそ15年前、僕は衝撃的なマーケティングの発想に出会いました。
それが、
【 紹介の無限連鎖 】という発想です。

当時の僕は、塾の先生を辞め、20代で外資系保険会社に転職したばかりです。

僕は、

マーケットもない、
営業経験もない、
お金もない、


という、普通で考えれば、「あなた、フルコミの営業なんか絶対やっちゃダメでしょ。」っていう状況だったんです。

そんな僕が、なぜ、フルコミの営業の世界に飛び込めたのか?
その理由は、すごく簡単です。

そう、この「紹介の無限連鎖」って発想を聞いたからなんです。

当時の保険業界の最も有効な見こみ顧客発見の手法が、「紹介」だったんです。

コンサルティングセールスという心理学に基づく凄いノウハウが、アメリカから持ち込まれ、当時の保険業界の優績者の多くが、この「紹介の無限連鎖」という発想で業績を上げていました。

僕が入社する時には、紹介だけで週3件の契約が50週、100週、150週も継続している人がいたんです。

で、
僕が入社する時に、マネージャーから、「 紹介の無限連鎖には、やり方があるんです!」って教わりました。

この時に、「 これなら僕でもできそうだ! 」ってことで、僕は保険業界のフルコミの世界に飛び込んだんです。

入社してすぐに1カ月の研修期間があったんですけど、この時に僕は初めて、セールスプロセスという発想を知りました。
このセールスプロセスがあるから紹介の無限連鎖が起こるという仕組みなんです。

この各ステップで何をどのようにするかの科学されたマニュアルがありまして、僕はこのノウハウを1カ月間、徹底的に訓練を受けたんです。

そして、完璧に仕上げ、フルコミ営業の世界へデビューしたんです。

で、
期待に満ちたその結果は…。

全く売れませんでした・・・。

契約も取れないし、新規の紹介もほとんどありません。
教わった通りにやったのに、全く紹介の無限連鎖なんて起きないんですよ。

いや、実際には紹介だけで高い業績を継続している人もいたので、正確には、僕には、紹介の無限連鎖なんて起きなかったってことなんです。

この事実に気付くのに、2カ月もかかりませんでしたよ(苦笑)。

このやり方では、僕では成功できないって。

新規のお客さんを追い続ける狩猟型の営業スタイルでは、必ず行き詰まり、僕もお客さんも幸せになれないと感じたんですね。

なぜかと言うと、営業活動には重要な2つの活動があります。

1つは、新規の見込み顧客を探す活動。

もう1つは、既存顧客をフォローする活動です。

この2つの活動を十分にできればいいんですけど、普通は難しい。

特に、固定給ではなく働く個人事業の人なら、どうしても意識が目先の売上げに偏ってしまいがちです。
だから、大部分の時間を新規の見込み顧客を探す活動に費やします。

ところが、これをやると、既存顧客との関係が強化されないので、紹介が出ないんですよ。

でも、既存顧客のフォローは今月の売上げに直結しない場合が多いので、どうしても、当面の売上げを作らなければならない人にとっては、手薄になりがちです。

で、結局、紹介が出ない。

しかも、新規の見込み顧客を増やそうと新規開拓の時間を費やしたとしても、なかなか優良見込み顧客に出会うことも難しい。

なので、見こみ顧客も増えずに、どんどん先細りになってしまうわけです。

ここが大きな問題なんです。

つまり、2つの活動に一貫性がないんです。

1件の契約が決まることは、1件の見込み顧客が減ることを意味し、契約を取るセールスプロセスと紹介を得るプロセスが別々に存在してしまっているんです。

だから、辛いし無理があるんだって僕は考えたんです。

実は、この時の気づきが後に僕に大きなブレークスル―をもたらしたんです。

この「問い」が僕の頭の中に生まれたわけなんです。

そらく、従来からの営業や集客の発想の根底に流れているのが、

【見込み顧客の数(リスト)が、売上げの根源である。】

という思想なんですね。

もちろん、僕はこれを否定はしません。
見込み客リスト至上主義で、成功している人もたくさんいると思います。

僕も今から15年前から、アメリカのマーケティングの発想や心理学に基づく手法をコンサルティング営業の名のもとにトレーニングを受けました。

でも、僕は上手くいきませんでした。
契約は思うように決まらないし、紹介も無限連鎖なんてしませんでした。

だけど、僕はそんなフルコミの世界でその後も生き残って、こうして今、あなたにその時の体験を伝えることができてるんです。

では、どうして、僕がこうして生還できたのか?

それは、理由が3つあります。

1つは、
お客さんとの関係性を再定義したから。

2つめは、
少人数の集客ノウハウと顧客獲得型セミナーを完成させたから。

そして3つ目が、
コミュニティ構築の発想を持ったから。

この3つなんですね。
その瞬間、僕にブレークスルーが訪れました。

時の僕は、扱っている金融商品でライバルと差別化することは不可能です。

同じ保険会社の商品ならば、誰から買っても価格も内容も同じだからです。
勝手に値引きをすることも法律上許されません。

だから、商品以外で自分が選ばれるための差別化が必要なんです。

そこで、僕が考えたのは、自分自身で差別化するのではなく、自分の持つコミュニティで差別化しようと考えたんです。
このコミュニティが輝いていれば、必ず人は集まってくれると思ったんです。

そこで、まずは、既存顧客に対して、コミュニティという枠組みを導入することからスタートしたんです。
最初は、単なる既存顧客のアフターフォローに過ぎませんでした。

でも、これでは、何も起こりませんでした。

そこから、僕のコミュニティ構築の試行錯誤の始まりです。

たくさんの研究もしました。
心理学や社会学や集団力学や組織論やリーダーシップ論など、多くの本を読み、セミナーにも参加しました。

このコミュニティ構築に時間と労力を割いたんです。

で、その結果、異業種提携と既存顧客のコミュニティ化が功を奏し、FP 時代には紹介・口コミが増え、年間70回ほどのセミナーが実施できNo.1の成果を残すことができたんです。

僕がコミュニティを研究し実践し始め、あれから12年が経ちました。

今から4年ほど前、コンサルタントとしてはほとんど無名でしたが、僕は自分の顧客獲得のノウハウを伝える「No.1セミナースター養成塾」を立ち上げました。

1期生は9人でした。

しかし、立ち上げから4年目を迎えた今、僕の養成塾はお陰さまで、トータル30期を超えまして、延べ塾生も600人を超えています。

その修了生からなるコミュニティ「チームNo.1」は、9人から600人に成長しました。

ここで重要なことは、成功したからコミュニティを持てるんじゃないということです。

コミュニティを持つ過程があなたを成功に導いてくれるということなんです。

実際、僕も最初は9人でスタートしたわけで、成功してたからコミュニティができたんじゃないんです。

今では、ありがたいことに、参加してくれる人の半数は修了生からの紹介で来てくれます。
中には養成塾の説明会に来た時点でも僕のことはほとんど知らずに、紹介者の強い推薦だけで入塾を決めてしまう人もいるぐらいです。

僕は、今ではほとんどWEBマーケティングに力を入れていません。

かつてはSEOやPPCにお金を費やしたこともありましたが、コスト高で割りに合わないので、今では全くやっていません。
ブログもフェイスブックもちっとも力を入れていません。

やっているのは、週に1回メルマガを発行している程度です。

これで集客できるのは、僕のコンテンツや僕自身に魅力があるというよりも、チームNo.1 というコミュニティに魅力を感じて、人が集まっているのかもしれません。

の場合は、集客ノウハウのレベルはごくごく普通です。

それでも、養成塾はトータル30期を超えまして、延べ塾生も600人を超えています。

だから、不思議がられるんですね。

「なぜ集客できるんですか?」ってよく質問されるんですけど、僕の答えは、それは、【 コミュニティの力だよ 】って言ってます。

多くの人は、集客力はリスト構築力に比例すると教えてくれるかもしれません。
見込み客リストの作り方が集客ノウハウの王道のようですね。

もちろん、僕はそれを否定したりしませんよ。

しかし、僕はもう1つ別な観点を持っていて、それが、【 集客力はコミュニティ構築力に比例する! 】ってことなんです。

これは、派手な感じはしませんが、ジワ〜っと効果を発揮します。

それに、コミュニティの構築方法が分かると、集客や紹介が増えることはもちろんですけど、

・高額の連続講座が開催できるようになる。
・会員制や認定ビジネスができるようになる。
・すごい人脈を築くことができる。
・ジョイントやコラボの誘いが増える。

などなど、メリットはたくさんあるわけなんですが、ただ、残念なことに、多くの人は、そのコミュニティ構築の方法を知らないんですね。


そして、今回この「No.1コミュニティスター養成塾」は、弊社だけでなく、もう一人の強力なパートナーとともに開催することになりました。それが、

(株)コンサルタントラボラトリーの北野哲正さんです。

んにちは、北野哲正です。

今回、遠藤晃さんとコラボレーションで、「No.1コミュニティスター養成塾」を開催することになりました。
       
マーケティングコーチ、ビジネスプロデューサー
(株)コンサルタントラボラトリー 代表取締役
(株)リアルネット 取締役
『一般社団法人日本マーケティングコーチ協会』代表理事
『一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会』理事
慶応義塾大学経済学部卒業、(株)ワコール、 (株)リクルートを経て、コピーライターとして独立、広告制作会社「WORKS」設立。2006年8月、マーケティング&コーチングの専門会社「パレードM&C」を設立。2013年10月、社名を「株式会社コンサルタントラボラトリー」へと変更。

現在、香川県高松市と東京に拠点を構え、コーチ、コンサルタント、セラピスト、セミナー講師、カウンセラーなどの“コンサルタント型ビジネス”における独立・起業、集客、ブランディングの支援に特化した活動を行っている。

2011年8月、『7つの起業・副業法』では、2週間で22,000名の参加者を集める。その後の「4ヶ月間で全くのゼロからコンサルタントとして起業してファーストキャッシュを得る」という有料オンライン起業塾には、3日間で430名の申し込みがあり、成果事例が続出する。
2012年10月に『一般社団法人日本マーケティングコーチ協会』を設立し、代表理事に就任。35時間で200名の協会メンバーが誕生する。「5年間で1,000名のマーケティングコーチを育成し、10万人の人々の成功支援・目標達成支援に貢献し、その輪をアジアへ、世界へ広げていく。」をビジョンに掲げ、 現在、400名を越えるマーケティングコーチの育成に取り組んでいる。

2013年2月、株式会社リアルネットの松本剛徹氏と共に、『一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会』を立ち上げ、スマホビジネス、スマホマーケティングの普及に努めている。また、2013年12月には『単品リピート通販塾』をスタートさせ、こちらも参加者が続出。通販業界にも進出している。コーチ、コンサルタントのための“紹介マーケティング”を実践する会員制コミュニティ「コンサルタントラボラトリー」は、500名を越える会員組織となっている。
これまでの活動をご覧頂いたとおり、北野は「チャレンジする」こと、「人のやらないこと」をやるのが大好きです。

コミュニティについていえば、「コンサルタントラボラトリー」という紹介マーケティングを軸とした500名近くの会員制コミュニティと、合わせて600名を超える一般社団法人を2つ運営しています。

今回も、

「普通のこと」はやりたくない。「コミュニティ・マーケティング」なんて言っても分かってくれない人が多いんじゃないの…?
でも、「どうせこの二人で組んでやるのなら、業界初、日本初みたいなことをやりたいね!」

・・・と遠藤さんと盛り上がり、「コミュニティ・マーケティング」をテーマに選びました。

それで、これが面白いのですが、遠藤さんは、3年前に、たったの9人からスタートしてじわーっと拡大させて、3年で600人のコミュニティに育て上げています。
言ってみれば、
「じわじわ型」ですね。
遠藤さんは、ネットマーケティングはほとんど使わず、口コミや紹介で楽々、集客しています。

一方で北野は、プロモーション手法を使って3日間で430名を集めたり、全国セミナーで200名を募集したり、という、
「一気にドカン!型」です。
バリバリ、ネットマーケティングを駆使しています。

で、これまた面白いのですが、、、この異なるやり方で、二人とも、上手くコミュニティを運営してて成功を収めています。

正解はひとつではないんですね。
どちらのやり方も根本は一緒、「正解」
なんです。

今回は、遠藤さんの「じわじわ型」と北野の「一気にドカン型」の両方の集客手法が学べる、というわけです。
とはいえ、「600人」とか「500人」のコミュニティと言われても、あなたはちょっとピンと来ないかもしれません。
でも、今回は、

「たった3人からスタートして、コミュニティを作り、それを自走式(勝手にコミュニティが盛り上がり、広がっていく)組織を育てていく」

・・・という手法を公開しています。

ミュニティづくりは、たった3人からでいいんです。
例えば、あなたがもし、コンサルやコーチで、クライアントが3名いるとします。
その3名の方に、あなたのコミュニティのメンバーになってもらうのです。
全てはそこから始まります。

そこから、あなたに、1年ぐらいで50〜100名のコミュニティにし、3年ぐらいで300名ぐらいの組織にしてもらう、、、という手法をお伝えします。
それが、今回の私と遠藤さんの構想です。

まずは「3人」です。

その3人からスタートすることで、数年であなたは、「コミュニティ」という大きな“ビジネス資産”を手に入れることができます。

コミュニティが育っていくという過程は本当に楽しいです。
もちろん、苦労もありますが、その苦労も含めて楽しい・・・。
人脈が広がったり、紹介が広がったり、コミュニティメンバー同士のコラボが生まれたり、メンバーが凄い実績を出してくれたり・・・。

北野も、嬉しき泣きすることが何度かありました・・・。

本当に、コミュニティは、喜怒哀楽、人生の縮図、かもしれません・・・。

絶対に、あなたの人生にとって大きなプラスになるので、是非、「コミュニティづくり」にチャレンジしてくださいね。
株式会社コンサルタントラボラトリー
北野 哲正


藤です。

では、この養成塾の説明を続けましょう。

この「No.1コミュニティスター養成塾」の最大の特徴、それは、たった3人から始めることができ、主催者のカリスマ性に頼らずに、年商3,000万円のコミュニティモデルを構築することにあります。

また単に高額な塾や連続講座や協会運営、または会員制などのビジネスモデルの構築法を学ぶことに留まらず、そこに集まる参加者が情熱と主体性をもって、コミュニティを盛り上げ運営するようになる自走型のコミュニティ構築法を学ぶことができます。

そして、ジワ〜と集める遠藤と、一気にドカっと集める北野、この異色の2人のノウハウや発想法を同時に学ぶことができます。

今回、「No.1コミュニティスター養成塾」に参加するあなたには、このコミュニティマーケティングを一切迷いなく、完璧に実行し、さらに、 あなたにも僕やチームNo.1の仲間を超えるような成果を生み出してもらおうと思っています。


や北野さんのコミュニティマーケティングの発想を完全にインストールしてもらうためにはどうしたらいいのか?
しかも、今までのメンバー以上に突出した成果を手にしてもらうにはどうすればいいのか?

これについては僕たちも散々議論してきました。

どんなに素晴らしいコンテンツを用意したとしても、それが講師による知識の垂れ流しにしか過ぎず、参加者の行動変容を促せず、全く現状も変わらず、「いい話聴けたなぁ」と満足して終わるようなノウハウコレクターを生み出すだけの養成塾なら全く意味がありません。

僕たちがこだわるのは、あなたの成果なんです。

そこで、今回の養成塾では、僕が30期以上もの養成塾を開催し、多くの成果を生み出してきた遠藤流の「成果のサイクル」を導入します。

この「成果のサイクル」をあなたの学びに取り入れることで、否応なしに成果が出るようの運営をしていきます。

成果を掴み取ってもらうためには、何をおいても実践が必要です。

「実践なくして成果なし」で、ノウハウを学んだだけで、何の行動も起さなければ、現状は1ミリも変わりません。
瞑想するだけで成果は出ないのです。

ただし、闇雲にただ実践を繰り返すだけでは、突出した成果を手にすることはできないんです。

なので、実践した結果を踏まえ、体験からの学びを次の行動へと繋げるエンジンにしなければならないのです。

そこで、今回の養成塾では、あなたに成果を掴み取ってもらうために、遠藤流「成果のサイクル」で具体的には次のようなサポートをします。

回の養成塾ではとにかく僕は、成果にこだわります。
そして成果を掴み取ってもらうためには、何はともあれ実践が必要です。

ただし、闇雲にただ実践を繰り返すだけでは、断トツの成果を手にすることはできません。

そこで、今回の養成塾では、あなたに成果を掴み取ってもらうために、遠藤流の「学習→実践→改善→加速→自走」という完璧なサイクルを回し続けてもらいます。
そのサイクルとは次のものです。
ここまでが基本の流れですが、さらに、遠藤流「成果のサイクル」はさらに突出した成果を輩出するために「加速」と「自走」というプロセスを加えます。

その具体的な内容は・・・
これらのサイクルのうち、「自走」の部分は、これからコミュニティを構築しようと考えている人には、コンテンツだけでは学ぶことができない、また外部からは決して見ることができない、自走するコミュニティの構築方法を自らの体験で実感できるまたとない機会になるはずです。

ということで、以上、これらが今回の養成塾であなたに提供するサポートの概要です。

今回の養成塾のメンバーには、確実にしかも突出した成果を掴んでもらうために、「学習→実践→改善→加速→自走」という遠藤式の「成果のサイクル」を回し続けてもらいます。

では、このサポート体制を踏まえ、いよいよ、あなたに提供する具体的なプログラムの内容と、今回の養成塾のメンバーだけに提供する特典について発表します。
コミュニティという“ビジネスモデル”を徹底解剖します。
コミュニティと一口に言っても、その種類、運営方法、キャッシュポイントの作り方はひとつではありません。
コミュニティという“ビジネスモデル”には幾つかのパターンがあるのです!
そのパターンを知ることで、あなたにとって最も集客しやすく、運営しやすいコミュニティの形を選ぶことができます。

机上の空論ではなく、遠藤と北野が構築を手掛けてきたコミュニティを事例に、コミュニティという“ビジネスモデル”を徹底解剖します。
複数の手法を組み合わせて、あなたオリジナルのコミュニティ形態を生み出すことも可能です。
「人が集まるコミュニティ」を作るためには、「1.どんな参加者に対して 2.どんなメリットを 3.どんな方法で」という企画の部分、いわゆる、「コンセプト」を徹底的に作り込む必要があります。

この「コンセプト」が弱く、曖昧で、魅力的でない場合は、ほぼコミュニティづくりは失敗します。

「億越えプロモーション」を8回連続で成功させているヒットメーカー北野哲正と、「No.1 セミナースター養成塾」「No.1集客スター養成塾」「No.1コンサルスター養成塾」など30期以上の養成塾を成功させている遠藤晃が、「ヒットするコミュニティづくりのための鉄板のコンセプトづくり」を公開します。

これはコミュニティづくりに限らず、 あなたのセミナーやコンテンツ、講座、コンサル・コーチングメニューなど、あらゆる分野で使える手法です。
今後、あなたは「当たらない企画・外れる企画」をしてしまう不安から一生解放されます。
この「コンセプト」の作り方は一生使えるスキルですから・・・。
主催者の指示や命令、ニンジンをぶら下げる、危機感を煽るというアプローチを取れば取るほど、メンバーはしらけ、距離が離れていくことでしょう。
また主催者が頑張れば頑張るほどメンバーは依存的になり、ますます主催者が疲弊し、結局コミュニティは発展しないのです。

これからのコミュニティにはメンバーが「主体性」と「情熱」をもって関わり、自分らしく貢献しようと「創造性」が発揮される「場」が求められています。
この「場」が与えられた時、メンバーは自立的にコミュニティに貢献してくれるのです。

自走式のコミュニティを作ることで、600人のコミュニティも、あなた1人が頑張る必要はなく、スタッフ1人だけで後はメンバーの活躍で運営することも可能なのです。
第1講から第3講までの講座内容を踏まえ、あなたに最適なコミュニティを構築するために、コミュニティマーケティングの設計図を実際にワークします。

たった3人から始めて年商3,000万円のコミュニティモデルを構築するために企画や集客や運営をデザインできるテンプレートを提供します。

これであなたも具体的な行動に落とし込むことができるはずですから、ただ講座に参加して「いい話が聴けたなぁ」で終わるノウハウコレクターになることはありません。
世の中には、既に多くの集客の成功ノウハウが溢れています。

PPC、SEO、ユーチューブなどを活用したウェブマーケティング、ブログ、FB などのソーシャルメディア、その他、DMやFAXやテレアポなどなど、様々な集客方法の「正解」を、有料無料の差があるにしても、今では誰でもが手にすることができるのです。

ところが、「正解」が分かっているのに、ほとんどの人は成果をあげることができないのです。
これは、それぞれの集客ノウハウに問題があるのではなく、そのノウハウを用いる側に「選ばれる理由」がない場合がほとんどの原因なのです。

実は、集客はどの手法を用いようとも、この「選ばれる理由」の如何によって成果の9割は決定してしまうのです。
遠藤自身は最新のマーケティングノウハウがあるわけでもないし、ブログやFBもほどほどだし、PPC、SEOには今では全く費用をかけていません。

でも、この10年間派手さはありませんが、ずっとジワ〜と集客できています。

前職のFP時代には年間70回ものセミナーに集客し続け顧客を獲得してきたし、今でも養成塾には3年で600人の集客ができています。
その理由を知れば、あなたの集客が激変するはずです。

その遠藤の弱者の集客発想法を公開します。
遠藤型の集客手法が「ジワ〜っと集める型」であるなら、北野型は、「一気に数百名をドカっと集めるプロモーション型」です。
遠藤型、北野型、どちらも成功しています。

この2つの集客手法が学べるのがこの養成塾の大きなメリットです。
ただ、、、、

遠藤型が初心者向け、北野型が上級者向けと決めつけるのはちょっと待ってください。
これからビジネスを立ち上げるぞ!という起業初心者の方でも「北野型」は実践できます。

事実、北野のクライアントの中には、たった1年で全くのゼロから150名を超えるコミュニティをプロモーションで作り上げ、2億近い売上げを達成された方もいらっしゃいます。
決して、特別なやり方ではありません。

「プロダクトローンチ」「ウェビナー」という2つのネットプロモーションの集客手法を初心者の方でも出来るようにアレンジしてその手法をお伝えします。

特に会員制などの継続課金型のように立ち上げ時期にある一定数の集客が収益を得るために必要なモデルより短期間で大きな収益を実現したい人には必見です。
ただし、この手法も、コミュニティモデルの発想を知ってこそ、継続発展させることが可能になります。
コミュティはボランティアではありません。
そこからあなたが収益を上げていかねば、継続することは出来ません。
「素晴らしいコミュニティを提供する対価」として、しっかりと「お金」を受け取ってください。
そのためには、時にはコミュニティでセールスをしていくケースも出てきます。

セールスが苦手な方もいるかもしれません。
ですが、安心してください。
セールスは“売り込み”ではなく、“価値の提供”です。

それにあなたとメンバーとの間で関係性が強化されていくと、メンバーの方から、「どうかあなたのノウハウを売って下さい。買いたいです。」とお願いされることもあるはずです。

このマインドの変化で驚くほどセールスが自然になり、コミュニティメンバーは喜んであなたにお金を支払ってくれます。

その手法を「プラットフォームセリング」と呼んでいます。
コミュニティでセールスを行うためのこの「プラットフォームセリング手法」をあなたに伝授します。
コミュニティを自走型に構築するためには、コミュニティの理念やミッションやビジョン、価値観、想い、暗黙知といったものを伝え合い、共有することが欠かせません。

それらをメンバーに浸透させたり、メンバーを方向付け、動機づける最適な方法がストーリーテリングなのです。

どんなに命令や説得を試みても、メンバーは動いてくれないのです。

あなたがこのストーリーテリングをマスターすることで、1対1の個別応対から1 対多の複数応対が可能になるのです。

ただし、ストーリーテリングをする際にあなたにスティーブジョブズのようなカリスマ性は一切必要ないし、アナウンサーのように、立て板に水の如く、流暢に話す必要も全くありません。

あなたがカリスマ的に話せたとしても、それはあなたとの関係性が強まるだけで、決してメンバー同士がお互いに共感しあう場が構築されるわけではないし、関係性を育くめるようにはならないのです。

だから、自走式のコミュニティを構築する際のストーリーテリングには、カリスマ性や上手はプレゼンスキルとは全く異なる要素が必要になるのです。

今回、この講座を体験することで、あなたは「メンバー同士がお互いに共感しあう関係性を作り、新たな意味を集合的に生み出していく」ストーリーテリングの手法を手に入れることができます。

らに、あなたが成果を手に入れるスピードを最低でも3倍速に加速させるため、今までチームNo.1のメンバーにも見せたことのない秘蔵の教材を含む9つの特典が付いています。

これらの特典を活用することで、アイデア発想法、集客法、コミュニティ運営、収益化など、多くの人が思考錯誤するプロセスを一気にショートカットすることができます。

これらの特典をフル活用し誰よりも早く最初の成果を手に入れてください!
成果を出すために最も重要なことは、実践することです。

そして、実践して新しいことに取り組めば、必ずしも初めは上手くいくことばかりではないでしょう。
悩んだり怖気づくこともあるはずです。

そんな時は、すぐに僕らに相談して下さい。
僕らは喜んで回答してあなたの行動を促進させます。
自分の実績や実践の成果をシェアしたり、メンバー同士で質問したり回答したりできる交流の「場」を用意します。
この「場」を通じて、メンバー同士の相互支援が進み、コラボやお互いのビジネスの紹介がなされ始めるのです。

なので、実践の成果報告を是非、投稿して下さい。

コミュニティ内では、あなたの「成功は仲間の知恵になる」し、そして、「失敗は仲間の勇気になる」 のです。
こうしてメンバー全員が何かしらの貢献ができるようになった時、コミュニティが自走し始めるのです。
人は何によって動くのでしょうか?

決して、人は理屈や正論だけでは動きません。
人が情熱と主体性をもって動きだすためにはあなたの説得は全く意味を持たないのです。

自走するコミュニティを構築するならビジョンに向かってワクワクモチベーションを高めたり、理念を具体的な行動へと落とし込む「何か」が必要なんです。

その「何か」とはまさに、ストーリーなんです。
ストーリーだけが心の壁をすり抜け、人の感情に訴え、唯一人を行動へと促すものなのです。

そこで、遠藤が自走するコミュニティを構築する際に実際に活用してきた効果抜群のストーリー集を公開します。
あなたもこのストーリーを語ることで、コミュニティを自走型にすることができるはずです。
自走するコミュニティを構築するために、メルマガやブログやFacebook など、今やあなたがメッセージを発信しようと思えば、想いを文字に置き換える「書く」スキルが不可欠です。

あなたが書いた文章が人の心を動かし、メンバー自らが行動へと導かれるのです。

実際に「億超え」のプロジェクトを量産してきた北野の核となるスキル、それがコピーラインティングなのです。
今回、あなたがビジョンを語る時にもセールスをする時にも強力に効果を発揮するメルマガコピーライティングのテンプレートを提供します。

これであなたも机の前で何をどのように書いたらいいのか分からずに苦しみ続けることから解放されます。
1対多の応対で重要になるのが、1つは1度に複数の人にアプローチできるセミナーなどの「伝える力・動かす力」。
そして、もう1つが、関わる人の成長に貢献できるコンサルスキルなどの「教える力・育てる力」なのです。

自走するコミュニティを構築するうえで、これらの力があなたに付け加われば、鬼に金棒になるはずです。

そこで、あなたにもこの力を知ってもらいたいので、遠藤が開催するNo.1セミナースター養成塾とNo.1コンサルタントスター養成塾のプレセミナーへあなたを無料招待させてもらいます。

このプレセミナーに参加することで、あなたには、「伝える力・動かす力」と「教える力・育てる力」をさらに実体験として習得してもらいます。
1対多の応対でも、やはり基本になるのが、参加メンバー1人1人との個別な関係作りです。
この個別の関係作りを無視することはできません。

今では、何百人ものメンバーを抱えるコミュニティを運営する北野ですが、このコミュニティが活性化しているのも、個別の関係作りを大切にしているからなのです。

その際に北野がフル活用しているのがコーチングのノウハウなのです。

現在、北野はコーチングセミナーは一切やっていませんが、今回は特別にコミュニティモデル構築に欠かせないコーチングセミナーを開催したいと思います。

このセミナーに無料招待しますので、参加して頂くことで、北野流のコーチング活用法を是非習得して下さい。
4ヶ月間の本講座終了後も、毎月1 回コミュニティマーケティングに関して最新の情報をお伝えしたりあなたの疑問を解消するビデオ講座をお届けします。

その内容は、コミュニティモデルを構築するために欠かせない企画・集客・運営をテーマに成功事例・失敗事例をお伝えしたり、活躍する塾生の成果報告などを共有することで、あなたのモチベーションを刺激します。

本講座の4ヶ月間とフォローアップ講座の6ヶ月間を合わせて10ヶ月、あなたがコミュニティモデルを構築し自身のビジネスに取り入れられるように徹底してフォローしていきます。
さらに4ヶ月間の本講座終了後に、あなたがコミュニティマーケティングを完璧なまでに習得できるよう、特別プログラムで強化セミナーを実施します。

今の時点ではその内容は未定ですが、本講座を通じて明らかになったあなたの成果を妨げるものを取り除き、成功を確実なものにできる内容にします。

本講座の4ヶ月間とフォローアップ講座の6ヶ月間を合わせて10ヶ月、さらに特別強化セミナーを加えることであなたがコミュニティモデルを構築し自身のビジネスに取り入れ加速できるように徹底してフォローしていきます。
今回の養成塾での4ヶ月の実践が修了した暁には、あなたをチームNo.1の正式メンバーとしてあなたを迎え入れます。

このチームNo.1は、「自分もNo.1 になり、人もNo.1 にする」という理念のもと、塾生同士がフォローしあい、ジョイント企画などを提案しあうことで、お互いを高めあい、成長のために相互支援していく文字通り、日本一のコミュニティです。
では、実際、チームNo. 1に参加することで、どんなメリットを手にすることができるのか?
どんなビジネスチャンスがあり、どんな情報を共有できるのか?


これについて、以下、本人たちの本音トークを紹介します。
                               
コンサルタント 五十嵐 和也さん
私は、2つの塾を主宰しています。

一つは専門家で起業するための「エキスパート起業塾」、もう一つは、士業のウェブ集客のための「志師塾」です。

この2つの塾は、高額にもかかわらず、わずか2年半で200名を超える方にご参加いただくことができました。

なぜ短期的にこのような成果を出すことができたのか?

それは、遠藤先生に学ぶ機会を得たからです。

もともと私は、コンサルタントとしてはそれなりの評価を受けていましたが、実は集客について苦労していました。

というのも、私のコンサルティングスタイルは、狩猟民族的。短期間にクライアントに関与して、成果を出し、また新しいクライアントに取り組むというスタイルだったのです。

そのため、常に新しいお客様をゼロから開拓しなくてはならず、その場その場での集客に奮闘していました。
そうした時に、遠藤先生のもとで学ぶことができたのです。

2年半で200名の受講生が集まってくれたのは、遠藤先生に学んだ「関係性」という発想。

遠藤先生の塾では、もちろん様々なテクニックを学びます。

しかし、それ以上に大きかったのは、マインドの部分、そして仲間の存在でした。

マインドの部分について、私はそれまで、メリットやベネフィットを中心にクライアントにアピールしていました。

しかし、遠藤先生に言われた「僕たちは、最終的には理念で差別化したい」という言葉に感化され、気が付けば、 「私の夢は・・・」というフレーズを自然と口にするようになっていました。

その結果、どうなったか?

私の理念に共感・共鳴してくれる仲間が集まってきてくれたのです。
こうした現象を、自分自身でも不思議だと感じつつも、理念の力に驚きました。

もう一つ大切なのが、仲間の存在。

こうした理念を持ち続けるためには、仲間の存在が不可欠です。

仲間から頻繁に上がってくる成果報告が、私の心に火をつけて、「もっともっと頑張ろう!」と思えるようになりました。
そして、私はこの仲間をもっと増やしたい。

優秀な人がチームNo.1に加わることで、皆さんのビジネス、そして私たちのビジネスを加速させることになると確信しています。
あなたもチームNo.1に加わってみませんか。
資産構築コンサルタント 中井俊憲さん
私は資産運用に特化したFPとして経済セミナーをしています。

遠藤先生と出会う前は、月に1回セミナーを開催し、20人集客して2人が個別相談を希望され、そのうち1人が契約すればいい方でした。

アンケートでは「面白かった」「役に立った」と書かれるのですが、個別相談を希望されないのです。

労力の割に成果が出ないことに悩んでいました。
そんな時に、遠藤先生の養成塾を知ったのです。

人生で初めての数十万円の自己投資だったこともあり、正直、参加しようか、かなり悩みました。
しかし、なんとか現状を変えたかったので思い切って参加しました。

参加して、無名な自分が選ばれる理由を作り、セミナーの組み立て方やトークについては学んだことを"そのまま真似る"ことで、現在ではセミナーに5名集客すると、4名が個別相談を希望され、3人が契約されるようになりました。

少人数のセミナーを月に4回実施することで、以前に比べ、10倍の成果が上がるようになりました。

収入も以前の3倍以上になりました。
遠藤先生には感謝してもしきれません。

また、チームNo.1というコミュニティが素晴らしい環境だと思います。

チームNo.1専用のFB グループやメーリングリストで、各自が実践して成果が出たことや出なかったことを報告しています。
みんなが努力している姿を見るととても勇気をもらえます。
また、困ったことがあるとお互いに情報交換するなど、相互支援の環境が整っています。

また、毎月のように自主的な勉強会が開催され、メンバーが入れ替わりで講師となって、それぞれの分野の成功事例やノウハウを共有し、チーム全体の力を高めあっています。

メンバー同士のジョイントベンチャーも活発で、お互いの強みを活かして大きな成果が上がっています。
これだけメンバー同士の交流が活発なコミュニティは皆無だと思います。

もし、あなたが参加しようかどうか迷っているなら、私は自信を持って、「今すぐ参加された方がいいですよ」とお勧めします。
ストーリー戦略コンサルタント 芝蘭 友さん

「経営は、孤独である」。そう実感する日々でした。

私は日頃、経営者、著者、士業、コンサルタントなど、プロフェッショナルな方々の経営コンサルをしています。

クライアントの皆さんは、外では皆さん「先生」と呼ばれている人たちばかり。
でもコンサルしながらよく思っていました。

「経営者は本当に孤独だな」と。
そして気がつけば自分自身もそうでした。

意思決定に迷いが出たとき、すぐに相談できる仲間がいたらどんなに幸せかと何度も思いました。

気がついたら、遠藤先生の養成塾に入っていました。
そこで驚いたのは、みなさん実績やスキルが輝かしい。
さらに人柄も本当に素晴らしいということ。

それが今では一緒にビジネスをするようになっていたりするわけです。
普通ではなかなか考えられないことです。

おかげさまでコンサルティングも忙しくなり、現在、単発コンサルは休止中です。

当たり前ですがよい仕事をすると、しっかりと口コミで伝わりますので、私はいま広告費の類が全く必要ありません。本当に有難いことです。


これも、遠藤先生が大事にされている「関係性」という考え方を忘れずにいるおかげだと思います。
各業界のプロフェッショナル集団!遠藤先生を中心とした一枚岩!

経営者は、共に学ぶ心強い仲間がいれば、けっして孤独にはならないのです。

株式会社プレジデンツビジョン 代表
V字回復コンサルタント 石原尚幸さん
私は、遠藤晃先生と出会い、チームNo.1に入ったことで人生が180度どころか、ぐるっと回って360度、変わりました。

何がそんなに変わったのか???大きくは2つです。

1つは、『セルフイメージ』のアップ。
現在は毎月顧問料を頂き、クライアントの顧問として活動していますが、チームNo.1に入るまでは、スポットの仕事がほとんどで自分が顧問契約が結ぶことができ、それも高額の顧問料をもらえるなんて夢にも思っていませんでした…

それがある時を境に、ごく普通に顧問が取れるようになりました。

何か新しいスキルを身につけたワケでも、特殊なノウハウを発見したワケでもありません。
ただ一点、変わった点があります。

それは私自身のセルフイメージです。

チームNo.1には、遠藤晃先生の理念である『自分もNo.1になり人もNo.1にする』という理念が浸透していますので、すでに成功している方からは、なぜ高額の顧問契約が取れるのか?

そして、今行動している方からは、どんなことをしたらうまく行き、どんなことをしたらうまく行かなかったのか?これらを惜しみなく教えてもらえます。

そんなやり取りの中、あるきっかけで、これまでのセルフイメージが変わったんです。

それからは養成塾で習った遠藤メソッドを活用することで、頑張ることなく「ヌルッ」と、顧問契約をいただくことができるようになりました(笑)。

また、チームNo.1に入ったことで大きく変わった点の2つめは、『ジョイントベンチャー』です。

チームNo.1に入るまでは、どうしたら異業種の人と提携をしたり、協力関係を結んだら良いか全くわかりませんでした。

それがチームNo.1のメンバーと(現在進行中も含めて)業種業界の垣根を超えて10件以上のジョイントベンチャーを行い、そのうちの一つでは勢い余って別法人まで作ってしまいました(笑)

なぜ、そんなジョイントができるのか?
それは同じ想いを共有した仲間がいるからです。

ジョイントベンチャーを成立させるには組む相手と思いが合致することが大切です。
その点、チームNo.1のメンバーは、そもそもがNo.1になるという高い志を持ち、自分のみならず相手も一番にしてやろう!というパワフルな人たちの集まりですので、「こんなことしたいんですけど…」っと話を振ろうものならあっ!という間にジョイントベンチャーの話になります。

もちろん、ジョイントベンチャーを組むためには、自分が相手と組んでもらえるだけの理由=『選ばれる理由』が必要ですが、このあたりは養成塾で遠藤先生からみっちり詰め込まれますので、否が応でも考えられるようになります。

ジョイントベンチャーが組める仲間と出会うことが出来る、これだけでもチームNo.1に入る価値はありますね。
税理士 鈴木浩文さん
正直な話、遠藤先生に出会う前もある程度の実績を残していました。

税理士として開業8年目で顧問先180件、社員10名。
業界の常識からは、確かにある程度の実績です。

それなのに、なぜ遠藤先生の養成塾に入ったのか?
それは、『その成果に再現性がなかった』からです。

ある程度の成果は出ていても、それはあくまでも『たまたま』の連続にすぎなかったのです。

いくら実績を重ねても、来年同じ成果を出せる保証は全くありません。
心はいつも不安で不安でしょうがない状態。

この不安な状態から脱する唯一の方法は、 『再現性がある成果を出すこと』だったのです。

そして、9年目を迎えた今年は、遠藤先生のおかげで、顧問先の増加が止まりません!!
22坪の事務所から80坪に引越し、社員も今年に入って5人増えました。

なぜ、ここまで成果が出たのかと言いますと、
1. ジョイントベンチャー、
2. 個別相談から逆算したセミナー設計、
3. そして、あのヌルットしたクロージング

これら遠藤先生から教わったノウハウを愚直に実践しているだけなのです。

このノウハウは正しく『再現性のある成果』となっています。
セミナーを開催すれば、一定確率で顧問先が増加する、その確信を得ることができ、将来に対する不安が完全に払拭できました。

そして、このノウハウ以上に貴重なのが、『チームNo.1』の仲間の存在です。

経営者であっても人間です。
当然のことですが、モチベーションが高いときばかりではありません。

『チームNo.1』の仲間の活躍を毎日目にすることで、自然とモチベーションが湧き上がっている自分に気づきます。

仲間同士でのジョイントベンチャーも活発に行われており、精神的な礎になるだけでなく、直接的な成果を共有できているもの魅力です。

最高のノウハウと、成果を共有できる仲間の存在。これが『チームNo.1』です。

今、成果が出ていない方も、ある程度の成果が出ている方も大歓迎です。
是非一緒に成果を出しにいきましょう!!
マンション・コンサルタント 柳田基浩さん
遠藤晃先生とチームNo.1との出会いは、養成塾の先輩にあたる中井さんと石原さんのお二方の紹介によるものでした。

そもそも、遠藤先生を知っていたわけでも、チームNo.1の存在を知っていたわけではありません。

中井さんや石原さんのビジネスパーソンとしての考え方や、ビジネスに対する取り組む姿勢について、以前より感銘を受けておりました。

そしてある時、二人が講師として講演するセミナーに参加する機会がありました。

そのセミナーを受講した際、二人のセミナー内容や進め方の素晴らしさに驚き、なぜこんなにセミナーが上手なのかを尋ねたところ、実は遠藤塾と言うところで学んだのだと二人揃っていうわけです。

それで、私はすかさず、遠藤塾のセミナースター養成塾に申し込みをし、彼ら二人が学んだのと同じカリキュラムを学び受け、卒業後にチームNo.1の一員になりました。

今ではこのチームNo.1のメンバーとの強い結束のもと、新たなビジネスが展開でき、二ヶ月に一回ジョイントセミナーを開催して顧客獲得に繋がっています。

すなわち、養成塾で学んだハイプライス・ハイポジションのビジネス展開が現実的に実現しています。

また、関西地域のチームNo.1のメンバーをはじめ、特に私の地盤である京都を中心に、メンバー同士が情報交換や勉強会を開いて、自社の強みと選ばれる理由を発表し、即ビジネスに繋がるよう切磋琢磨できているところが、とても素晴らしいことです。
美容コンサルタント業 清水ヨシカさん
遠藤先生のセミナーを拝見させていただき、おそらく最初の10分程で「この先生からは学べる!」と、養成塾に入らせていただきました。

値段なんてどうでも良かったのです。

遠藤先生の持つ「選ばれる理由」に魅せられ、そこに「価値」を見出してしまいました。

自分自身、高額商品をセミナーを使い販売するということをやっていますので、そのスキルにはそれなりの自信を持っていました。

ですが、遠藤先生のメソッドを目の当たりにして、完全に「負けた!」と感じました。

負けず嫌いの性格ですが、不思議に不快ではなかったです。

遠藤先生は爽やかに、声高らかに、「丸パクリしていいですよ!」と言われます。
「どうせ、出来ないと思ってるんだろう!!なら完全コピーしてやる!」と半分意地もありましたが、徹底的に取り入れ(パクリ)ました(笑)。

丸パクリして感じたことがあります。
「これは再現性が高い!」と。

遠藤先生の養成塾や、チームNo.1には、士業やFP の方が多く、僕のような美容業界の人はほとんどおられません。最初は“畑違い”だと感じました。

ですが、職業は関係ないのです。

どんな職種でも“遠藤メソッド”は、再現出来るのです。
誰でも出来ます。成果は上がります。実践すれば、必ず。

セミナーでの成果はもちろん、コンサルティングでも、接近戦(1対1)でも、連戦連勝が起こります。遠藤先生の言う“当たり負けしない”自分がそこにはありました。

断言します。
僕は今まで様々なセミナーや勉強会に参加させていただきましたが、ここまで、成果に繋がるものは他にはありません。
しかもその成果は小さくないのです。

チームNo.1には、これらの成果を出す猛者がたくさんいます。
このチームの“質の高さ”が、また新たな“成果”を生みだしているのです。

もうお気づきだと思います。
個の能力は、チーム力(質の高さ)によって、何倍にも跳ね上がのです。
ぜひ、チームNo.1の扉を開けて下さい!新しい未来がそこにはあります。
ゲーム戦略売上アップコンサルタント 神馬 豪さん
コンサルタントの経験なし、コネなし、お金もなし。

そんな「無い無いづくし」で独立した私が、なぜ独立開業1ヶ月目にあっさりと顧問契約を獲得できたのでしょうか?

なぜ2ヶ月目にまさかの出版が決定したのでしょうか?

そして、なぜ今ではゲーミフィケーションのエキスパートとして、多くの企業の売上アップに貢献することができているのでしょうか?

そして、なぜ今ではゲーミフィケーションのエキスパートとして、多くの企業の売上アップに貢献することができているのでしょうか?

その答えは簡単です。「遠藤先生の養成塾で学んだから」

私が養成塾に参加したのは、まだ独立開業する前で「自分が何者なのか」もわかっていない時期でした。

そこに集まる猛者たちに圧倒されながら、とにかく出された課題をやり遂げて「選ばれる理由をつくる」ことだけを毎日朝から晩まで考え続けました。

そうして遠藤先生の教えを愚直に実践した結果、開業してすぐに想像もしていなかった成果を出すことができたのです。

しかし少しうまくいって、「これなら自分ひとりで何とかなりそうだ」といい気になっていると、あっという間にどん底に落ちていきます。

本を出版したものの、思っていたほどの成果が出なくなりました。
そんなときに私の力になったのは、チームNo.1という存在とそこにいる仲間たちでした。

私は基本的に「群れる」のが嫌いです。
「仲よし同士で傷をなめあって、自分だけの気持ちの良い空間」を作っている人に接するのが苦手なんです。

もしかするとあなたは「チームNo.1もそんなグループなんじゃないか」と誤解しているかもしれません。
ぜひ、実際にその目で確かめてみてください。

熱い理念を持って、時に切磋琢磨しあい、時に助け合い、尋常じゃない成果を出し続けている仲間たちを。

チームNo.1に参加すれば、あなたのビジネス、あなたの人生に強大なボス敵が現れたとしても、一緒に戦ってくれる多くの仲間が見つかります。
私もあなたと一緒に冒険の旅に出る日を楽しみに待っています。
言っておきますが、このコミュニティに参加すると、さらに忙しくなりますよ。
なぜなら、このメンバーに加わると、正直、僕が提供する内容以上のアドバイスやビジネスチャンスを仲間から受け取ることになるからです。

これほど成長志向の強い仲間が集まった場所は見たことがない。
養成塾が終了した後も、多くのメンバーがそう言ってやまない最高のコミュニティで、さらなる業績アップと、自身のNo.1ブランドに磨きをかけてください!

だし、今回の養成塾の参加にあたっては1つだけ条件があります。

もし、今からお伝えする条件を満たすことができないのであれば、あなたからの参加をお受けすることはできませんので、どうぞ覚悟を決めて下さい。

その条件とは、「愚直な実践」です。

僕はこの3年間で600名の士業やコンサルタント、それに高額商品を扱う経営者を指導してきました。
そして、そのメンバーたちから圧倒的な成果報告が続々と寄せられているのですが、彼らが成功を手にした一番のポイントこそが、愚直な実践なんです。

これこそ、成果を出すために絶対に外すことのできない最大のポイントであり、「実践なくして成果なし」ということをあなたにも覚悟しておいてほしいのです。

ただし、勘違いしてほしくないのですが、いくら愚直な実践が大事だと言っても、“成果を手に入れるまでに、何年かかるか分からないけれど、とにかく愚直な実践をやり続けなさい”などと無責任なことを言うつもりはありません。

なぜなら、あなたが最初の成果を手に入れるために、愚直な実践をやり続ける必要があるのは、長い人生の中のたった4ヶ月だけだからです。

もちろん、この後も実践は続きますよ。
でも、まずあなたが集中し、最初の成果を手にするために愚直な実践を続ける期間は、長い人生の中のたった4ヶ月なのです。

いいですか?

人は3ヶ月でできることを過大評価する傾向があります。
だから、少しの努力で成果が上がらないとすぐに挫折してしまうんです。


でも、その成果が4ヶ月目以降にグンと急上昇するという未来が分かっていたら、 どうでしょう?
コンサルタントとして、士業として、経営者としてトップクラスの年収を稼ぐ土台を作り、さらにニッチな分野でNo.1というセルフブランドを手に入れることができたら・・・?

どうですか?そんな未来を考えたらワクワクしてきませんか?

それから、もちろん、中には「愚直な実践をやる覚悟はある。
でも、自分は普通の人間だから、そんな大それた成果なんてとても手にする自信がない・・・」そう不安に思っている人もいるかもしれません。
そこで大事なことを言っておきます。

安心して下さい。 このノウハウは、普通の人のためのノウハウです。

大規模集客をやる必要もなければ、最新のインターネットスキルも必要ありません。
普通の人が断トツの成果を手にするための科学として体系化されたシステムなのです。

あなたがやるべきことは、「成果のサイクル」に則って、そのシンプルに体系化されたノウハウを学び実践するだけです。

その覚悟が決まれば、僕らはあなたを全力でサポートするし、今回のNo.1コミュニティスター養成塾の大切なメンバーとしてあなたの参加を心から歓迎します。

れでは、肝心なNo.1コミュニティスター養成塾の参加費についてお伝えします。

今回の、このNo.1コミュニティスター養成塾に参加することで、たった9人から初めてジワ〜と600人もの「成果が続発する自走型コミュニティ」を構築した遠藤の運営力と育成力、それと、独自のコンセプトと秀逸なプロモーションで「億超え」コミュニティを量産している北野さんの企画力と集客力とを一度に学び、たった3人から始められる年商3,000万円のコミュニティモデルを構築できますので、あなたの収入は継続的に増えていくことでしょう。

しかも、今回は通常の僕の養成塾よりも1ヶ月も長い4ヶ月間に及ぶ豊富なコンテンツを用意し、しかも、この4カ月間は僕や北野さんへの個別の質問も受け付けられますので、まさにこの4ヶ月間は、継続して僕や北野さんから個別にコンサルを受けているのと同じ状況になり、さらに本講座修了後も6ケ月間もの動画講義によるフォローアップや別日程の特別セミナーを行うなどの全10ヵ月のサポート体制があるという他ではあり得ないような濃厚なプログラムになっているのが今回の養成塾です。

ですので、これらを考慮し普通に価値を積み上げていくと、参加費は100万円、200万円、300万円と非常に高額なものに当然なってしまいます。

ですが、それでは、既に成功を得ている一部の人しか参加することはできず、今から「たった3人から始めて」コミュニティを作り、成功を掴み取ろうとしている意欲の高い人が、経済的理由で参加できなくなってしまえば、それは僕たちの理想とも本末転倒になってしまいます。

なので、今回の参加費を決めるのには正直、僕らも悩みました。

ただ、その価値と10か月ものフォロー期間、それに掛かる労力を考慮すれば、僕らもあなたの成果に本気になるためには、正直、安売りはいけないことだと思っています。

また、あなたにも参加費を払うことで絶対に成果を出すぞという覚悟を持って入塾してもらいし、ただのコンテンツコレクターには入塾をご遠慮頂きたいので、僕らも本気になりあなたも覚悟を持て、しかも塾生の意識の質も高く保つことができる、そんなバランスを考えて、今回の参加費を決めました。

今回のNo.1コミュニティスター養成塾「第1期生」は、新しいコミュニティの可能性を示す希望の星だし、これから一緒に成長し、各業界の見本になってもらいたい僕らの仲間です。

ですので、このページをご覧頂いているあなたに限り、10ヵ月に及ぶ養成塾に、

限定価格:49,700円×12回(カード払い)

この価格で参加いただけるように設定致しました。

さらに、カード一括、銀行振込一括でのお支払いであれば、
2ヶ月分が無料になる、「497,000円」(税込)にて参加することが可能です。

まとめますと、

1.カード一括払い   497,000円
2.銀行振込一括払い  497,000円
3.カード分割払い   49,700円 ×12回

この3つのお支払い方法を選ぶことができます。

特別な養成塾への参加権利を手に入れたいなら、今すぐ下記フォームから僕に参加表明を送ってください!
                                 
開催期間
2014年10月10日〜2015年1月30日
内容
全8回の集合研修&課題の実践、質問・相談事項に対する回答、期間修了後の毎月1回のフォロービデオによって、年商3,000万円のコミュニティモデルを構築する方法論を提供。
そして、あなたの実践により断トツの成果を掴んでいただきます。
受講料
497,000 円 (先行販売価格)
申込期間
9月2日(火)AM6:00〜9月4日(木)PM25:59 迄
決済方法
クレジットカード・銀行振り込み
お支払回数
一括払い/分割払い(12 回)※分割払いはクレジットカードのみ対応
その他
本養成塾は、秘匿性の高い資料の提供及び、動画収録、集合研修、セミナー無料参加権など役務が伴うため返金制度はありません。ご了承ください。

後に大事なメッセージをお伝えします。
あなたは、こう墓石に刻まれている偉人を知っていますか?

「己より賢明なる人物を周囲に集め師男、ここに眠る」

そう。あの鉄鋼王・カーネギーですよね。
で、僕なら後世の人にこう呼ばれたいと思っています。

「己より優れた人財を育て周囲に集めし男」

これこそ、僕のビジョンです。

教育を通じて人の成長のプロセスに関わり、人財を育てる。

要は、僕の思考やノウハウを伝授して、単に『分かる』というレベルではなく、『できる』というレベルに引き上げ、世の中を動かす次のリーダーを輩出したい。

これこそが、自分の仕事なのです。

僕は、自分がNo.1になるってことに対してもモチベーションを感じるのですが、それ以上に、「人をNo.1にする。人の成長に貢献する」ということに「生きがい」を感じるのです。

なんたって、元々、塾で先生をやっていて、多くの生徒をトップ校に合格させていたくらいですからね。
人の成長に関わるのが好きなのです。

だからこそ、今後は、もっともっと突っ込んで教えたいんです。
もっともっと、できるようになってもらいたいんです。

そして、No.1コミュニティスター養成塾に参加しようと考える意欲的なあなたには、単に
ビジネスの成功を手に入れるだけでなく、世の中を動かし人の成長に貢献できるリーダー
になってほしいのです。

は自分自身を分析して思うのですが、実は、他のコンサルタントの方と最も違う特徴的なことは、顧客獲得能力の高さだと思っていないんですね。

では、何に違いがあるかと言えば、それは、“人に教えて成果を出させるセンス”です。

要は、圧倒的に人の教育に関わった経験が多いということです。

これは、学生時代から今日までずっと培ってきたものであり、子どもたちには、武道や受験勉強を教えることを通じて、大人たちには、顧客獲得戦略を教えることを通じて、自分が教えてきた人に成果を出させ続けてきたわけなんです。

その経験から断言しますが、自分ができるようになる能力と、それを人に教える能力とは全
く別モノです。


自分自身が成果を出すことと、それを人に教えられるかどうかは別の能力なんですよ。

僕は、この能力を鍛え続けてきたので、あなたの悩みを解決する「答え」を見極め、あなたをその答えに導き、自分の力でその悩みを解決できるようになってもらうことができるのです。

この教えるスキル(教育)こそ、他のコンサルタントと僕を差別化する最大のポイントだと思っています。
そして、この「教育」という分野こそ僕がもっとも情熱を傾けることができる分野なわけです。

で、いよいよ満を持して、僕にとっても過去最大のチャレンジと言える一大プロジェクト“No.1コミュニティスター養成塾”がスタートするわけですが、この養成塾のミッションはシンプルで、

いう2つです。

「自分もNo.1になり、人もNo.1にする」という理念にこだわって、僕はあなたと関わっていきます。

要は、No.1を志す人が集まる【チームNo.1】を結成するために、僕のノウハウや発想法を全て公開して成果が上がるよう全力でサポートしていきますし、さらに、塾生同士でも協力しあって、メンバー同士をNo.1に押し上げよう!ということなんです。
ただし、この時に、必ずある質問を頂くんですね。

「ノウハウを全部公開したら、遠藤先生より上手に出来る人も出てくるんじゃないんです
か?」


ってね。で、これに対する僕の答えは、

「全然問題ありません。むしろ、それは歓迎することです」

というものです。

だって、むしろ、そうなってもらいたくて、僕はあなたにノウハウを提供するわけですから。

最初にも言ったように、僕は、自分がNo.1になるってことに対しても、モチベーションを感じますが、それ以上に、人をNo.1にさせる、人を成功させるということにこそ、生きがいを感じるんですよ。

これこそが僕個人のビジョン、「己より優れた人財を育て周囲に集めし男」ってわけです
ね。

教育を通じて人の成功のプロセスに関わることが僕の仕事なのです。
そして、貪欲に、そして愚直に成果をつかみ取ろうと意欲をもやすあなたに、最後にお伝えしたいメッセージがあります。それは・・・

には、一つの高い目標があるのです。

それは、「自分もNo.1になり、人もNo.1にする」という理念のもと、「相互支援」と「自立型人財」に共鳴するメンバーを日本中から集め一大コミュニティを作り上げるということです。

実は、人の成長に最も大きな影響を与えるのは「環境」です。

特に、自分の周りに誰がいるかで、成功するか失敗するかはほぼ決まる。
そう言っても過言ではないのです。
良くも悪くも人間は環境の生き物です。

例えば有名な「ノミのジャンプ力」のお話。

20cmもジャンプできるノミを高さ10cmの箱に入れ、フタを閉めしばらく放置すると、どうなるか?
実は、箱から出された時、そのノミは、10cmしか飛べなくなっているのです。

20cmも跳ぶ能力を持っているにもかかわらず、「箱の中」という環境で、「10cm」という壁を作られ、それを自分が跳べる高さの限界と思ってしまうと、自分で勝手に思いこんだ限界により、本来持っている能力を発揮できなくなってしまうんです。

ただ、ここからが重要な話です。

10cmしかジャンプできなくなったノミをまた20cmジャンプさせる方法が一つだけあるんですよ。

その答えは、跳べなくなったノミを、本来の能力を発揮して20cmジャンプしているノミの集団の中に入れてあげるんです。
するとノミは本来の能力を思い出し、また20cmジャンプできるようになるんです。

つまり、「環境」が自分の能力に強い影響を与えるんですね。

そして、実をいうと、チームNo.1のメンバーが続々と成果を上げてくれる理由もここにあります。
成果を出した人を間近で見ている人たちの中から、同じように成果を出す人が必ず現れるんです。

まさに『成果の連鎖反応』が起こるのです。

集団の質が高まったら、人は勝手に成果を出すようになるんです。
だから、どの集団に属しているかが人の成長には重要なのです。

厳しいようですが、成功できない人たちの周りにいたら、あなたも成功できません。

なぜなら、今、成果が出ていない人たちの集団は、その現状が当たり前になっているからです。
それがおかしいとも思わないし、そもそも、別の世界があるだなんて考えもしないんです。

だから、多くの人が行動できないんです。

僕がチームNo.1で最も力を入れることは、集団の質をいかに高く維持するかということです。
この質を維持し、環境を整えることが最大の成果を出す秘訣なんです。

僕には、自分がクライアントを獲得するという『プレーヤー』としての側面がある一方で、自分が出した成果を人に教えてNo.1を育成するという、教育を通じて人の成長のプロセスに関わるという『教える者』としてのもう1 つの側面があります。

今まで、数多くの子供たちや大人たちの成長のプロセスに立ち会ってきました。
だから、どうしたら行動ができて、現状を打破し、しかも成果をあげることができるのか?
僕はその方法を知っているんです。

そして、質の高い集団を作ることができたら、もって生まれた才能やセンスに関係なく、人は能力を発揮できるんだって分かったんです。

これがコミュニティの力なんです。

そして、だからこそ、僕はチームNo.1という自走型のコミュニティを作ろうと思ったんですね。

もし、あなたが仕事もプライベートも豊かに幸せな人生を送りたいと望むなら、コミュニティを持つことです。コミュニティは財産です。

僕らはあなたの成功を全力でサポートします。
あなたの決断を楽しみに、養成塾で待っています!
遠藤晃顧客教育研究所(株)
遠藤 晃
                               
開催期間
2014年10月10日〜2015年1月30日
内容
全8回の集合研修&課題の実践、質問・相談事項に対する回答、期間修了後の毎月1回のフォロービデオによって、年商3,000万円のコミュニティモデルを構築する方法論を提供。
そして、あなたの実践により断トツの成果を掴んでいただきます。
受講料
497,000 円 (先行販売価格)
申込期間
9月2日(火)AM6:00〜9月4日(木)PM25:59 迄
決済方法
クレジットカード・銀行振り込み
お支払回数
一括払い/分割払い(12 回)※分割払いはクレジットカードのみ対応
その他
本養成塾は、秘匿性の高い資料の提供及び、動画収録、集合研修、セミナー無料参加権など役務が伴うため返金制度はありません。ご了承ください。

追伸.

最後に、あなたの不安に少しでもお答えするため、最後によくある質問と回答をご紹介します。
   
セミナーの日程を教えて下さい。
セミナーの日程は下記の通りになります。

【第1講】2014年10月10日(金)18時〜21時
【第2講】2014年10月24日(金)18時〜21時
【第3講】2014年11月7日(金)18時〜21時
【第4講】2014年11月21日(金)18時〜21時
【第5講】2014年12月5日(金)18時〜21時
【第6講】2014年12月18日(木)
18時〜21時 ※木曜開催
【第7講】2015年1月16日(金)18時〜21時
【第8講】2015年1月30日(金)18時〜21時

また、終了後には、毎回、延長戦という名の懇親会があります。
(なぜ、延長戦かというと、懇親会で質問をいただいたら、その場で講義が行われるからです。)
「No.1コミュニティスター養成塾」は、本講座4ヶ月間、フォローアップ講座6ヶ月間の計10ヶ月間となります。
本講座では、集合型のセミナーを開催します。
そして、フォローアップ講座では、オンラインビデオにて、毎月1回コミュニティマーケティングに関する最新の情報をお伝えします。
さらに、あなたがコミュニティマーケティングを完璧に習得できるよう、特別強化セミナーを開催します。
セミナーは全日程に出る必要がありますか?
参加できない場合はどうしたらいいですか?
必ずしも全日程に出なくても参加できます。

セミナーはすべて撮影し、オンラインビデオで配信いたしますので、欠席の場合も内容は視聴することができます。

そして、これは、特別措置ですが、 今回、参加できなかったセミナーは 第2期を開催した際に、該当分のセミナーに「振替参加」 することができます。

これは、かなりの特典だと思います。

ただ、やはり実際に私や北野さんに直接会うセミナーの機会は貴重ですので、なんとか予定を調整して、無理をしてでもご参加いただきたいと思っています。
私は地方に住んでいますが参加できますか?
はい、地方でも問題なく参加できます。

セミナーは基本的に東京都内で行いますが全て撮影され後日オンラインビデオとして配信をしますので、あなたの自宅や会社のパソコンですべてのコンテンツが見られます。

ただ、やはり、今回は、この塾への参加がコミュニティづくりを体感できる貴重な体験となり、セミナー参加ならではのノウハウ、スキルがありますので、是非、セミナーにはご参加いただければと思います。
参加費が発表されましたが、教材費とか別途請求されたりしませんか?
請求しません。

セミナーに参加される際の往復の交通費や 宿泊費以外には費用は特に発生しません。

ライブのセミナーとオンラインのビデオが中心になりますので、別途教材費など請求することはなく全て参加費に含まれます。
参加費の支払方法は?
銀行振込とクレジットカードの2つのオプションをご用意しております。
分割払での参加は可能でしょうか?
はい、可能です。
ただし、クレジットカードのみになります。

要するに、
・クレジットカード一括払い
・クレジットカード分割払い
・銀行振込一括払い

この3つの方法がある、ということになります。
参加費ですが、「成果報酬」や「出世払い」はないですか?
申し訳ございません。
「成果報酬」や「出世払い」はご用意していません。
返金保証はついていますか?
つけていません。

そのためにも、このホームページをしっかりとご覧頂き、納得した上でお申し込み頂けばと思います。
プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記
Copyright © 2014 遠藤晃顧客教育研究所株式会社 All Rights Reserved.